TOP制服のお手入れ方法>シミ抜き応急手当て


シミがついたら素早い処置が一番大切です。「たたく、つまむ、こすらない」がシミ抜きの3大原則。そしてシミの種類によってシミ抜きの方法は違います。焦らず、慌てず下の表を参考にシミ抜きをして下さい。


シミの種類 シミ抜きの方法
血液 付いたばかりなら、水を含ませたティッシュかハンカチでつまみ取るようにすると良く落ちます。古いシミは薄いアンモニア液でたたき出して下さい。
泥ハネ 泥ハネは、まず、良く乾かして下さい。しっかり乾いたら、ブラシで軽くはらって、その後は、洗剤液でたたき出しましょう。
コ−ヒ− 水で固く絞ったタオルで拭き取ります。ミルクが入っていた時は薄めた洗剤液が効果的です。
インク 乾いたティッシュにすばやく吸い取らせて。それからきれいな布に薄めたお酢をつけて根気良くゆっくりゆっくり拭き取って下さい。
マジック きれいな乾いた布の上にシミの部分をのせて、ベンジンを浸した布で根気よくトントンたたき出して下さい。
墨汁 練りハミガキ粉やご飯粒を練ったものをシミにつけてもみ出すようにするのが効果的です。
ペンキ なるべく早くベンジンを浸した布で汚れをたたき出して下さい。
チュ−インガム まずはガムが付いたところをビニール袋に入れた氷でキンキンに冷やすこと。固まったところを爪で根気良くはがそう。