TOP制服のお手入れ方法>詰襟学生服のお手入れ方法

普段のお手入れ


脱いだらきちんとハンガーに掛けて、型崩れを予防しましょう。その際、ポケットの中も空っぽに。ハンガーには、肩に厚みのあるしっかりしたものを選びましょう。


1日着用した制服は、ホコリをたっぷり吸いこんでいます。服地の目にそって上から下へ軽くブラッシングすれば、ホコリが落ち、毛並みもきれいに整います。ブラシは布地を傷めにくい柔らかい豚毛のものがおすすめです。


雨に濡れたまま放っておくと、型崩れやカビなどの原因になることも。早めのお手入れが大切です。タオルで軽くたたくようにして水気を取り、十分に自然乾燥させましょう。ドライヤーの冷風で乾かすのもGOOD。



水を弾く力が弱まってきた時は、軽くアイロンをかけて下さい。撥水力が回復します。


詰襟学生服の洗濯方法

☆ 制服の内側に付いているケアラベルを確認して下さい。洗濯機マークが付いていれば家庭で洗えます。

  1. 制服は制服だけで洗いましょう。他のものと一緒に洗うと、他の衣類の繊維が付着してしまうことがあります。
  2. ポケットの中は空っぽに。ファスナーは閉めておきます。
  3. チェンジボタンの場合、前ボタンは外しておきます。
  4. 全体を軽くブラッシングして、ホコリを落とします。
  5. 大きめの洗濯ネットに衿や袖口を表にして、折りたたみ、ネットに入れます。

  1. 必ず、手洗いコースかウール専用コースを選んで下さい。
  2. 脱水後はすぐに取り出して、軽くたたいてシワを伸ばし、風通しの良い日陰でつり干しにして下さい。
   ※タンブラー乾燥は、型崩れの原因になりますので絶対しないで下さい。

  1. 弱水流で2〜3分洗います。
  2. 15〜20秒脱水し、ためすすぎ1分を2回、注水すすぎなら2〜3分で1回すすぎます。
  3. たたんで、脱水機に入れ15〜30秒脱水します。
  4. 脱水後はすぐに取り出して、軽くたたいてシワを伸ばし、風通しの良い日陰で
    つり干しにして下さい。
   ※タンブラー乾燥は、型崩れの原因になりますので絶対しないで下さい。


アイロンのかけ方

  1. 当て布をして、軽くスチームアイロンで仕上げます。
  2. 刺繍やワッペンの上には、直接アイロンをかけないようにして下さい。( 刺繍がつぶれたり、ワッペンが溶けたりする恐れがあります。)


トリムカラー及びセーフティーカラーの取り扱いの注意


家庭洗濯の場合は、衿部の強いもみ洗いは避けて下さい。剥離することがあります。ドライクリーニングの場合は、「石油系」を指定して下さい。


パイピング部分には、アイロンをかけないで下さい。アイロンをかける場合は、必ず低温(80℃〜120℃)で当て布をして下さい。


中性洗剤の水溶液をしみこませた布で拭き取って下さい。



クリーニング店に出す時のコツ

  1. 特別な汚れがある場合は、その原因と箇所を伝えましょう。
  2. ポケットの中のものは必ず出しておきましょう。
  3. クリーニングに出す前に、前ボタンを外しておきましょう。
  4. クリーニングから戻った制服は、ビニール袋から出して湿気やニオイをとってからしまいましょう。
  5. クリーニング店の針金ハンガーは、型くずれの原因になるので厚みのあるハンガーに掛け直しましょう。
  6. ドライクリーニングだけでは汗などの水溶性の汚れを落とすことができません。制服を長期間着なくなるシーズンオフ前の洗濯時には、ドライに加えてウェット洗濯をするWクリーニングをおすすめします。(Wクリーニングについては、最寄のクリーニング店にお尋ね下さい。)


シーズンオフのしまい方

気が付かない目に見えない汚れも、思わぬカビや虫食いの原因になります。冬服から夏服に着替える頃など長期間制服を着なくなる時には、必ず一度洗濯してからしまいましょう。